プレゼントに最適!高級・希少なコーヒー豆おすすめ3選!

ギフトにおすすめコーヒー豆3選 コーヒー豆研究

この記事では、コーヒー好きの人にコーヒー豆をプレゼントしたいけど、何を選べばいいか分からないという方や普段は飲めないような珍しいコーヒー豆を送りたい!という方にむけて、プレゼントに最適な高級であったり、希少なコーヒー豆を紹介します!

コピ・ルアク(コピルアック)

コピ・ルアク(コピルアック)は、コーヒー原産国4位の「インドネシア」の島々で作られます。「コピ」はコーヒーを意味し、「ルアク(ルアック)」は、ジャコウネコを意味します。ジャコウネココーヒーなどとも言われています。誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。野生のジャコウネコがコーヒーの実を食べ、排泄した豆を収集したものです。コーヒー好きの人は、その希少性から「一度は飲んでみたいコーヒー」いわれます。お値段は高めですが、プレゼントしたら間違いなく喜んでくれるでしょう!

ゲイシャ

エチオピアコーヒー

ゲイシャの原産地は、アフリカの北東部に位置する、コーヒー原産国6位の「エチオピア」で、標高1,500〜1,700mで育つコーヒーの木から収穫されます。2004年に国際品評会で優勝したことから、世界中に認知されました。栽培が難しく、収穫量が少ないことから希少性が高いとされています。そんな特別なコーヒー豆をプレゼントされて喜ばない人は、まずいないですよね!過去に「ラ・エスメラルダ農園  ゲイシャ 2020 プライベートコレクション」を飲みましたが、コーヒーが赤黒く、さっぱりとしていて、フルーティーな味わいですが、酸味が少ないカラッとした後味でした。例えるなら、シナモンのような味わいです。

ブルーマウンテン No.1

ブルーマウンテンコーヒーの豆

中米のカリブ海沿岸に位置する島国であり、人口約270万人の「ジャマイカ」で育まれます。 国土は秋田県や岐阜県と同じくらいの広さなんだそうです。ジャマイカの有名人としては、ボブ・マーリーやウサイン・ボルトが有名ですよね。国の地形は、東から西に広がる山脈が特徴的で、「ブルーマウンテン山脈」の標高800〜1,200mの特定エリア地域が産地のコーヒー豆に「ブルーマウンテン」という名前をつけることができるのだそうです。ブルーマウンテンを飲んだ感想は、香ばしい香りと深みのある味わいで、さすがコーヒーの王様といわれるだけあり、気品のある味わいです。

それぞれを比較

それぞれの特徴を調査し、★1〜3で比較してみました。

コーヒー豆高級感希少性認知度価格
コピ・ルアク★★★★★★★★★★★
ブルーマウンテン★★★★★★★★★★★
ゲイシャ★★★★★★★★★
★★★:高、★★:中、★:低

価格については★★★が高い、★が安いという意味です。

あくまで個人的な評価です。ご参考までにどうぞ。

「100%」と「ブレンド」の違い

コーヒー豆も100%なのかブレンドなのかで、味わいや値段などが変わってきます。100%とブレンドの違いをご説明します。100%はその言葉のとおり、表記されているコーヒー豆のみが使用されているということを指します。例えば、ブルーマウンテン100%であれば、その豆しか使われていないということです。対してブレンドは、他の産地のコーヒー豆を混ぜたものを指します。コーヒー豆は、産地により高度や気温、収穫後の処理、洗浄、発酵の過程などが異なるため、味や香りなどの特徴が異なります。そのため、その産地の良いところをバランス良く引き出し、カップクオリティ(コーヒーの質)を高めるため、ブレンドするのです。当然、味わいや値段も変わってくるため、好みが分かれます。個人的には、せっかくプレゼントするなら、100%を贈りたいです。

プレゼントしたい人の好みに合ったコーヒー豆を送ろう!

正統派であれば「ブルーマウンテンNo.1」や「ゲイシャ」がおすすめです!また、普段なかなか飲めない希少なコーヒーを飲んでみたい方には「コピ・ルアク(コピルアック)」がおすすめです。プレゼントしたい方の好みに合ったコーヒーを事前に調査してから選びましょう。その方の好みを入念に調査して選べば、きっと喜んでくれるはずです!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


参考にさせていただいた書籍はこちら。

Bitly

アウトドアで活躍するフレンチプレスで淹れられるタンブラー」を紹介しています。プレゼントやギフトにぴったりです!以下の記事を読んでみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました